ペットの引越し・輸送は引越し一括見積もりサイトで料金比較!

ペットの引越し一括見積もり

 

引っ越しをするときに家具や家電を新居へ移動させるだけではなく、ペットを飼っている方はその子も一緒に連れて行くことになります。しかし、引っ越し業者と専用の運送会社のどちらに頼めば良いのか、料金はどれくらいかかるのなど不安に思う要素は尽きることはないでしょう。依頼する会社によって大きな違いなどはあるのでしょうか。引っ越し業者への依頼は、一番手間がかからない方法です。運送は専用の業者や知識を持つスタッフがペットに負担がかからないように行ってくれるので安心です。1つ注意をしたいのが、業者によっては取り扱っていないペットの種類もあるということです。また、別料金を取られることもあるので必ず確認を行いましょう。

 

ペット輸送専門業者は魚類や爬虫類といったペットでも運べる設備があるのがメリットです。勿論専門業者ですから、ストレスや不安が最低限で済む運び方を行ってくれます。ただ、自分で1から探して依頼をしなければならないので時間がかかってしまったり費用が高くつくことがあるのが難点です。

 

ここまで代表的な輸送方法を紹介しましたが、どの業者にもメリット・デメリットがあることをお分かりいただけたと思います。業者も沢山ありますから1つずつ見ていたらキリがありません。そこでお勧めしたいのがペット引越しの一括見積もりサイトです。依頼したい作業一覧の中からペットの輸送欄にチェックをつけておけば、可能な業者のみからペット料金込みの価格で見積を送ってくれるので、まとめて比較ができ、余計な時間をかけずに検討作業が行えます。更に後になってから追加料金が増えているという心配もありません。ペットも大切な家族の一員です。少しでもストレスなく安全に新居へ連れて行きたいという思いは飼い主さんであればだれでも持つことでしょう。安心、納得したところへお願いするためにもペットを含めた引っ越しをする際には一括見積の検討をしてみてください。

ペット引越しの際の注意点

ペットの引越し注意

 

転勤族で比較的引っ越しに慣れている方であっても環境が新しくなると慣れるまで心身に感じる負担が大きい様子と同様に、ペットと共にペット引越しをした時には大切なペットも負担を感じてしまっています。しかも、人間よりもデリケートなので尚一層徹底したケアを施してあげる必要があるのですが、注意点として挙げられるのは新居に到着してからのみに限らず、ペット引越しをする段階から各注意点に意識を向けて作業を進めていく事です。引越し作業は室内にある全ての物を移動させたり箱詰めを行っていく上に業者や住人、協力者が忙しなく出入りを繰り返すため犬や猫は落ち着く事ができません。

 

常に刺激を感じ続けていると興奮状態になり脱走してしまったり、激しく動き怪我をしてしまうリスクが高まるため、作業が一段落するまでケージ内で過ごしてもらうようにしましょう。日頃からケージに入る事を嫌がる場合には浴室で待機してもらったり、ペットホテルで面倒を見てもらうようにするとケージを嫌がる場合でもトラブルに見舞われるリスクが無くせます。そして、ペット引越しで避けられないのは犬や猫と共に新居を目指して自動車などで移動する事であり、普段の旅行時には身近な方やペットホテルに預けている方でも、ペット引越しでは必ず一緒に移動しなければなりません。

 

旅行時に一緒に出かけない方に多いのは、旅先で動物を連れて行動すると行動に制限がかかってしまう事と共に、ペットが乗り物良いをしてしまうという問題も抱えているためです。ペット引越しでは乗り物酔いをするという理由で置いていく事はできないため、ペット引越しをする当日は出発時刻のおよそ6時間前に通常時の半分の食事量を与えてあげましょう。また、トイレも出発前に済ませられるように環境を整えてあげつつ、自動車や電車などに乗って移動する練習も前もって行っておくと落ち着いて過ごしてくれます。新居に到着した後は犬や猫が自然に身を置く場所を把握し、これまでも使用してきた愛用の毛布などを与えて、できるだけ同じような環境に整えます。

良い引越し業者と悪い引越し業者の見分け方

ペットの引越し見分け

 

引越し時は新生活に向けて様々な準備に追われるため、金銭的な出費も大きくなりやすくつい料金が安価であるという理由のみで契約を結んでしまいがちになりますが、相場よりも著しく料金が安価な場合は悪い引越し業者の可能性が高いです。良い引越し業者と悪い引越し業者の差異は家財道具などの運搬に使用するトラックで見分ける見分け方があり、トラックを判断材料にする際にはナンバープレートに着目しましょう。

 

良い引越し業者の場合は国から運送業を行っても良いという認可を受けているため黒色もしくは緑色のナンバープレートを掲げているのですが、悪い引越し業者の場合は認可を受けていない事例が多いので一般的な自家用車と同じく白色や黄色のナンバープレートを掲げています。国から運送業を行うための許可を得ていないという事は伴う保険にも加入できていないという裏付けになるので、引越し作業中に業者側の不手際により事故やトラブルが生じても一切保証が受けられずに泣き寝入りするしかありません。

 

しかも、認可を受けていない悪い引越し業者を利用した方も罰せられてしまう可能性があるため、大切な家財道具が傷つけられた上に罰せられるという泣きっ面に蜂の状態に見舞われます。そして、引越しを行う予定がある方は事前に荷物の量などをきっかけにして見積もりを出して頂きますが、見積もりを得る段階でも良い引越し業者と悪い引越し業者の見分け方があります。良い引越し業者は依頼者に心配させないように迅速丁寧に結果を示して頂けますが、悪い引越し業者は数日間が経過しても音沙汰が無い事例がありますし、中には依頼者側が電話をかけて思い出したように料金を示す事もあるほどです。そのようにお粗末な悪い引越し業者は根本的に経営に対してやる気が無かったり、人手が足りておらずに後回しにされている事が多く、どちらにしても大切な家財道具などが乱雑に扱われ、傷を負ったり壊されてしまう可能性が高いです。

ペット保険の相場

ペットの引越し相場

 

犬や猫を飼う前はなかなか気づかないことですが、ペットも人間と同様に様々な病気を発症します。その種類は人間がかかる病気として聞き覚えのあるものも多いですよね。人間の場合は保険が適用されるので、患者さんが支払う金額は少なく抑えられますが、ペットの場合は基本的に自由診療なので飼い主は治療費を全額支払うことになります。その金額は飼い主の経済状況次第ではかなり負担になるケースもあることでしょう。でも、ペット保険に加入しておけば万が一大事なペットが病気やけがに見舞われた時でも補償を受けることができるというメリットがあります。今は医療の進歩や栄養状態の改善などの要素が重なって、ペットの寿命も延びており、長寿高齢化の現象がみられるようになりました。寿命が延びた分、年老いたペットたちがこれまで罹患することのなかった病気になったり、怪我をするリスクが高まるので、同時にペット保険の需要が高まっているんですね。

 

しかし、いざペット保険に加入しようと思ってもたくさんの保険会社があるうえに保険料の金額設定もかなりばらつきがあるので、どこで加入した方がいいのかが分かりにくい状況です。一番安い所と最も高い所を比べてみると、補償内容に差が無くても金額にすると数十万以上も違うという現象も見られます。業界全体の平均値がわかれば、どこが良心的でどこがリスクがあるかがわかるのでまずは現時点での相場を把握することから始めていきたいですね。

 

大体、通院と手術に入院込みで50パーセント保証があるプランだと、0歳から15歳くらいで小型犬だと約51万円、中型犬の場合だと約58万円、そして大型犬の場合は大体78万円くらいかかります。犬と同様に昔から日本人のペットとして人気の高い猫の場合は、0歳から15歳までの合計が約45万円です。これらの数値が一種の目安になりますね。70パーセント補償プランだと、全体的に保険料はさらに高くなります。

ペット葬儀の相場・費用

ペットの引越し費用

 

単なる愛玩動物という枠を超えて、かけがえのない存在として飼い主の心の中で大きな存在感を示すようになったペットたちですが、必ず訪れるのが死という永遠の別れです。新しく別のペットを飼えば心のすき間を簡単に埋められるという問題ではなく、ペットロスと言って喪失感からうつ状態になる飼い主も増えています。ペットが天国に旅立つ際に、ペット葬儀を行ってきちんと見送ることで、自分の喪失感や悲しみと向き合うようにすることが、ペットロスにならないための一つの方法だったりします。

 

現代社会において、ペット葬儀の重要性と需要が高まっていることが分かりますが、実際に葬儀を行う会社を選ぶ時には料金やプラン内容を冷静に見定める必要があります。精神的にそのような状態ではないかもしれませんが、大事なペットの為のお葬式だからこそ、後悔しないようにするべきです。ペット葬儀の費用とその相場は、そのペットの体重で決定します。どの葬儀会社と契約した場合でも、体重の小さいハムスターや小鳥などの小動物の方が料金が1万円から1万円程度と安く、腸大型犬などの体重の大きな動物の方が約5万円から10万円と料金がかかるのは共通しています。これらの料金の大半は火葬代です。リーズナブルな価格設定をセールスポイントにしている葬儀会社も少なからず存在していますが、これらの相場価格よりも安すぎる時は警戒した方がいいかもしれませんね。小型犬や猫の場合だと1.5万円から2.5万円、中型犬だと2万円から4万円くらいはかかるケースが多いですが、これくらいの大きさのペットの火葬が行われることが多いのではないでしょうか。

 

もう一つ忘れないでおきたいのが、合同火葬と個別火葬の違いです。他の家庭のペットと一緒に火葬される合同火葬の方が当然料金は安くなります。でも、大事なペットとのお別れの機会を大事にしたいなら、多少高くついても個別に火葬した方がいいという人も多いので、よく相談して決めましょう。